ED治療薬の種類は世界中で多くありますがこのシアリスは他のED治療薬より比較的副作用にかかる確率が低くて即効性のある薬です。そんな安全なシリアスの正しい使い方を紹介します。

シアリスとフィナステリドの作用と胎児への影響

シアリスは「タダラフィル」と呼ばれている医薬品が主成分のED治療薬です。

一方、フィナステリドはプロペシアに含まれている医薬品の名称で、AGAの原因となる強制脱毛ホルモンのDHTを抑制させる効果と、DHTに変換するメカニズムとして存在している5α-還元酵素を阻害する作用を持つ医薬品で、5α-還元酵素阻害薬とも言われています。

フィナステリドは男性のAGAのみに効果を持つと言われており、女性のFAGAに対する作用は無い事、そして妊娠中や妊娠の可能性が在る女性が服用もしくは錠剤に触れるだけでも恐ろしい副作用を引き起こす、お腹の中にいる胎児の男性機能を低下させてしまうなどのリスクが在ると言われています。

また、フィナステリドの副作用には勃起不全や性欲の低下、精子量の現象と言った男性機能を低下させてしまう副作用が報告されており、血液検査を受ける事で副作用におけるリスクを事前に確認することが必要とされています。

そのため、AGA治療を手掛ける病院では、医薬品の処方を行うだけではなく、AGAによる薄毛なのかを確認するための遺伝子検査、そして医薬品の作用を確認するための血液検査を行った上で処方するか否かを決めると言った特徴が在ります。

シアリスは男性機能が低下した人のための治療薬ですが、性行為が出来ないほどの勃起不全の場合に有効となる医薬品で在り、バイアグラなどと同じく頭痛や動機、顔のほてりと言った副作用が現われるケースが多いと言われています。

但し、シアリスはED治療薬の中では長時間の作用を持つのが特徴で、10mgと20mgの違いはありますが、作用時間が20~36時間と長いなどの理由からも副作用のリスクは3割程度と言われています。